お葬式に出ない人でも、

お別れの場を。

世界でたった一つの「弔問会」


心を満たす、お葬式の送り方

”お葬式”と言えば、通夜・告別式の二日間にかけてご遺族ご親族、ご友人の皆さんが一同に集まり、故人様と最後のお別れをする・・・というのが一般的でした。

しかし現状、ご家族だけの最少人数に留めた「家族葬」が増えています。

またそれに伴い、ご弔問をしたい方々が後日自宅へご弔問される事例も増えています。

 

良いお葬式とは、「お葬式をどう過ごすか」にかかっています。

新しいお葬式のかたち―「弔問会」

やなぎ葬祭での弔問会

やなぎ葬祭では、通夜や告別式の前にご親族やご友人の方々にお越しいただきい、ご対面いただく「弔問会」という場を設けたサービスを開始いたしました。

喪主様には式場で待機していただき、順番に弔問客をお迎えし故人様とお別れの時間を過ごしていただくというもの。

ご対面の時間を指定し故人様とゆっくり対面することができるので、ゆっくりとお別れの時間をお過ごしいただけます。

 

家族葬なら通夜の前の時間に「弔問会」と開く、一日葬なら通夜の代わりに「弔問会」を開く、などご遺族様のご希望に沿ってご提案をすることが可能です。

弔問会のメリット
01

故人様と対面ができる

故人様への感謝の気持ちや最後のお話を直接故人様を前にして伝えることがご供養にもなり、私たちにとっても悔いの残らない最期となります。
02

お世話になった方にあいさつができる

喪主様やご遺族様が故人様と親しかった方へ生前の感謝や、普段会えない方に直接ごあいさつができます。
03

香典を直接受け取れる

直接ご香典を頂く事で大事な家族にどんな人が来てくれたのかが分かり、ご縁を繋ぐことができます。亡くなった家族がどんな人にお世話になっていたのかを知る最後の手段でもあり、人との繋がりを大切にしたい人にとって香典を受け取ることは大事だと言えます。
04

葬儀後の自宅への弔問対応が最小限に

家族葬だと葬儀後の弔問客の対応に追われるため、しばらく落ち着かない日々を送る場合がありますが、やなぎ葬祭への弔問会は直接ご葬儀の前後で故人様に会いに来ていただくので葬儀前や葬儀後の自宅への弔問対応が少なく、その後の生活リズムが保たれます。
05

参列をお断りした方への後ろめたさがなくなる

故人様とご縁があった方にちきんとお別れをしていただけるため、生前のお付き合いに対してお礼ができたり、自分たちの知らない一面を知ることができます。また、沢山の方から見送られる姿に遺族が励まされます。

やなぎ葬祭本部(お葬式相談サロン)

三重県多気郡多気町相可1064-1

0598-38-3875

やなぎ会館松阪斎場

三重県松阪市上川町2527-1

0598-61-0909

やなぎ会館てんけい斎場

三重県多気郡多気町仁田670-3

0598-39-7900

やなぎ会館奥伊勢斎場

三重県多気郡多気町丹生4421-11

0598-49-7700


友だち追加